残り期間わずか!6/30までの期間限定!
無料期間中に解約すれば0円!

どこよりもお得な日経電子版のトライアル(無料で試してみる)ならコチラ!


2ヶ月間無料で日経電子版をトライアル→

日経電子版は月4,277円(税込)

詳しくは ⇓

今なら「2ヶ月間無料で日経電子版をトライアル」からのお申込みで
日経電子版(4,277円/月)が2ヶ月間無料!
この期間は通常の申込みと比べて2倍の期間です。
さらに無料期間中はいつでも解約できてノーリスク。
スマホ時代に「日経新聞」を電子版で使い倒してみませんか?

無料期間中に解約すれば0円!契約しなくても良いんです。

2ヶ月間無料で日経電子版をトライアル→


スマートフォンでいつでもどこでも日本経済新聞を持ち歩く


日経電子版は1つのIDでスマホ、タブレット、PC いつでもどこでも利用できます
通常の2倍の2ヶ月間無料で日経電子版を体験してみませんか?
2ヶ月無料期間中に解約されない場合は自動的に本契約になるので、ご契約されない場合は忘れないようにご解約して下さいね。
無料期間中に解約すれば、日経電子版料金は2ヶ月間「0円」つまり、無料です。
(2ヶ月間 ⇨ 申込み日から翌々月の申込日に応当する日の前日まで)


「質の高い特集」には、『仕事の質を上げる』気づきがある


  • 約1,000件、毎日配信される記事をすぐに読むことができます
  • 日本経済新聞朝刊・夕刊の紙面そのままのレイアウトを『紙面ビューアーアプリ』を使ってスマホ・タブレットで持ち歩けます
  • 数多くの記事の中から記事検索と記事の保存も可能となります(これがとても便利!)
  • 日経電子版のトップ画面では厳選された最新情報に触れることができます
  • 興味のある企業・業界を登録しておくと関連記事を自動収集します(AI搭載)


リスク無し!無料期間中に解約すれば0円!

2ヶ月間無料で日経電子版をトライアル


使い方がわからない方はコチラの動画がオススメ!
・日経電子版オススメ機能5選!アプリの便利な使い方



この【日経電子版オススメ機能5選】では以下のことを説明しています。


  1. Myニュースで新着ニュース管理・・特定のキーワードを指定し、そのキーワードの関連記事を自動収集します。詳しくはこちら
  2. 紙面を見やすくハイライト機能・・登録したキーワードにヒットする記事をハイライト表示してくれる機能。
  3. テーマを深堀りNikkeiBriefing・・2021年4月に創刊した「NIKKEI Briefing」では、ニュース解説に特化した内容をお届けします。
  4. 保存機能で記事スクラップ・・保存記事は、"あとで読む"など好きなラベルをつけて分類でき、自分の"興味データベース"として活用できます。
  5. 様々な視点を読むThink!・・エキスパートの投稿が付いた記事にはThink!マークが付きます。詳しくはこちら


日経電子版を使いこなすことができれば、大幅な時間の節約になります。
まずは、リスクなく通常の2倍の無料期間の日経電子版をお試し下さい。締め切り(2021年6月30日)迫る!!

リスク無し!無料期間中に解約すれば0円!

2ヶ月間無料で日経電子版をトライアル


有料会員向けの機能もすべて使い放題!

特に紙面ビューアーアプリはオススメです。スマホ・タブレットで紙面を30日分遡ることができます。


気になることはコチラからチェック! よくある質問

有料会員と無料会員の違いはなんですか

閲覧できる記事の種類や、使える機能が異なります。無料会員は、有料会員限定の鍵マークがついた記事を一定数まで閲覧できます。 有料会員は、電子版のすべての記事を読むことができるほか、「朝刊・夕刊」や「Myニュース」などのサービスを利用できます。有料会員が利用できるサービス・機能の詳細は、「日本経済新聞 電子版 FAQ(よくある質問)」や「電子版ヘルプセンター」で詳しくご案内しています。


電子版の無料期間はいつまでですか?

このページから日経電子版にお申し込みの場合は、申込日から2カ月間無料、日経Wプラン(電子版+新聞)にお申し込みの場合は、電子版部分(+1,000円部分)が申込の翌々月末まで無料となります。宅配部分は無料になりません。


無料期間中に電子版を解約した場合、解約金はかかりますか?

無料期間中に解約した場合、電子版部分の料金は発生しません。


電子版は、PC・スマートフォン・タブレットすべてで閲覧できますか?

同じIDですべてのデバイスでの閲覧が可能です。ただし1IDあたりの同時接続数には上限があります。


リスク無し!無料期間中に解約すれば0円!

2ヶ月間無料で日経電子版をトライアル→